突き詰めた話、芸術家は生活のプロダクトデザインをしたくなるものなんです。
多分。芸術家が椅子を作りたがるのはこの現象のためであると私は推測しています。
未だに只の便器に落書きしただけのものの衝撃を超える身近なモチーフはないですが、
調べるとチャレンジャーは結構いるみたいです。
先日は蛇口のデザインを変な風にしているのを見て笑いました。
しかし、そのせいか台所の蛇口が水漏れ修理が必要になりました。
これは私も蛇口デザインにチャレンジしろというフリなのか。